ダンススタジオストンプ倉敷店は、社会人・キッズ・初心者向の方でも、受講者一人一人の想いを大切にした指導を心掛け、ダンス力を引き伸ばしながらダンスの楽しさを伝えているDance studioです。イベントの出演や講師の派遣、ダンスディレクション(ダンサーの手配・振付、進行管理)など、ダンスに関わる内容は全て請け負っています。

ダンススタジオSTOMP

クラス名

Lock 初中級 大学生以上

ジャンル/Lock Dance レベル/初中級(大学生以上) 曜日/木曜日 時間/21:00~22:30

担当講師/Hi-

ダンススタジオSTOMP

CLASS

当クラスのご紹介

木曜日の21:00~22:30までのLock/大学生以上 初中級クラスです。(1レッスン90分)
大学生以上で、すでにロックダンスの経験がある方向け。
首の動きや鍵を閉めるように静止する姿(=Lock)が特徴的な、ロックダンス。 そんなロックダンスも長年踊っているうちについつい基本を忘れてしまったり、細かいことが気にならなくなってきます。そういった、自分ではなかなか気づかないような知らず知らずのうちに染みついているクセや動きを細かく分析し、アドバイスします。より上のレベルを目指しましょう。

ダンススタジオSTOMP
ダンススタジオSTOMP

ダンススタジオSTOMP

ダンススタジオSTOMP

講師

Hi-

このクラスでは、もちろん応用もどんどんやっていきますが、ロックは基礎が大切なダンスです。苦手をきっちり克服していきましょう。
ロックの雰囲気を壊さず、フリースタイルにならないよう、ご指導いたします。
経験があるとつい基礎がおろそかになりがちです。ロックは一通り踊れるけど、もう一度基礎をしっかり思い出したいという方にもピッタリなクラスです。
このクラスに来れば、ロックを踊ることがますます楽しくなりますよ。

ダンススタジオSTOMP
ダンススタジオSTOMP

TRIAL FORM

スタジオ見学お申し込みフォーム

下記よりスタジオ見学をお申し込みしていただけます。
また、お電話からもご質問等にも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

無料見学のお申し込み

CLASS LIST

その他クラス一覧

Lock Dance

Lock Dance|ロックダンス

1969年、L.A.で生まれたロック(静止する)スタイル。激しい動きから突然静止しポーズを取るスタイルが特徴なダンスです。

詳細を見る

1969年、アメリカ・ロサンゼルスにて、ドン・キャンベルは当時流行していた“Funky Chicken”(いわゆる日本でソウルダンスと称されるもの)を上手く踊ることができず、その代わりに独自のロック(=静止)するダンスを生み出しました。激しい動きから突然静止し、ポーズを決めるのですが、代表的な技の名前が、THE LOCK (ザ ロック)で、その他にはPOINT(ポイント)、PACING(ペイシング)、FIVE(ファイブ)、SELF FIVE(セルフファイブ)、SCOOBIE DO(スクービードゥー)、PIMP WALK(ピンプウォーク)などがあります。

Soul&Lock Dance

Soul&Lock Dance|ソウル&ロックダンス

ロックダンスの技の中に、ソウルダンスの要素を生かした「フィーリング」「グルーヴ」等を融合させ踊るスタイルです。

詳細を見る

ロックダンスの技…例えばTHE LOCK(ザ ロック)またはCampbellock(キャンベルロック)、POINT(ポイント)、PACING(ペイシング)、FIVE(ファイブ)、SELF FIVE(セルフファイブ)、SCOOBIE DO(スクービードゥー)、PIMP WALK(ピンプウォーク)などに、ソウルダンスの要素を生かした「フィーリング」や「グルーヴ」などを融合させたダンスです。

Waack Dance

Waack Dance|ワックダンス

70年代初期頃のポージングをするダンスです。クラシックやバレエやジャズダンスの
ターンも繰り出され、胸の前後のツイストや腕を巻きつけるような動きが特徴的。

詳細を見る

タイロン・プロクター(Tyrone Proctor)というダンサーによりWaakingという呼び名がつけられました。70年代初期の頃に、当時の人気女優グレタ・ガルボ、リタ・ヘイワース、マリリン・モンローなどのイメージや、レトロな女優の静止画ポスター、ミュージカルなどの動きを取り入れたポージングで発達しました。そうして70年代半ばの音楽に合わせ、クラシックバレエやジャズダンスのターンも取り込まれたり、腕を鞭のように振り回したり、胸の前後のしなりやツイスト、腕を巻きつけるような動きが特徴的なダンスへと発展しました。

Girl's Hip Hop Dance

Girl's Hip Hop Dance|ガールズヒップホップダンス

日本人が生み出したジャンルのダンス。女の子らしい動きや格好で表現します。可愛くセクシーなファッションも合わせて楽しんでください。

詳細を見る

ガールズヒップホップの名の通り、ヒップホップのノリやステップを女の子らしい動きやファッションで表現する、日本独自のジャンルです。2000年頃から登場しました。ヒップホップを踊っていた女性ダンサーがレゲエや女性ラッパーの曲を使い、セクシーな動きやカワイイ動作をプラスしたダンスです。現在ではさらにヒップホップダンスの特徴である、深く重い動きを取り入れて力強さを強調してみたり、スタイルは今も進化や変化を続けています。

Free Style Jazz Dance

Free Style Jazz Dance|フリースタイルジャズダンス

ジャズダンスを基礎としt、講師や生徒さんご自身の感性で、バレエ、ジャズダンス、 モダンダンス、ヒップホップダンスなどの要素を取り入れてさまざまなジャンルの曲を使って表現するダンスです。

詳細を見る

ジャズヒップホップ、ストリートジャズ、スタイルジャズなど、ジャズダンスにもたくさんある中、フリースタイルジャズは最も自由度の高いジャズダンスと言えるでしょう。踊る人の感性で、曲をしっかり耳に入れながら、伸び伸び踊ってください。

House Dance

House Dance|ハウスダンス

ディスコやナイトクラブで人気のクラブミュージック(ハウスミュージック)に合わせて踊るダンスです。

詳細を見る

ハウスダンスとは、基本的にいわゆるディスコでかかっていた音楽を元に発展したクラブミュージック”ハウスミュージック(HOUSE MUSIC)”に合わせて踊るダンスです。 主に、速めのテンポに合わせ、流れるようなステップやフロアワークが特徴です。ニューヨークのダンサーがハウスミュージックに合わせて、ヒップホップ、ブレイキン、カポエイラ、サルサ、バレエ、アフリカン、タップなどのジャンルをフリースタイルで踊ったのが起源とされています。ハウスダンスの特徴として、自分で体をコントロールするというよりは、どちらかといえば音楽そのものが体をコントロールするスタイルのダンスであるとも言われます。ハウスはよりフリースタイル的なダンスであり、時にはスピリチュアルなダンスだとも言えるかもしれません。

Street Dance

Street Dance|ストリートダンス

リズムやビートに合わせ、グルーヴ感いっぱいに踊られ、時にはコミュニケーションの道具として「カルチャー」としても大切にされてきました。

詳細を見る

今、世間に認識されているストリートダンスは、主に1960年代からアフリカンアメリカンミュージックに合わせて路上で踊られてきたダンスではないでしょうか。リズムやビートに合わせてグルーヴ感いっぱいに踊るのが基本です。ストリートダンスでコミュニケーションを取ったりと、ひとつの「カルチャー」としても言える存在になっています。

Break

Break|ブレイク

1970年代にアメリカのサウスブロンクスにて誕生したブレイクダンス。ギャング同士の抗争の代わりにダンスバトルで戦った、という歴史もあります。

詳細を見る

1970年代に、アメリカのサウスブロンクスにて生まれたブレイクダンス。最初はギャング同士の抗争の代わりにダンスバトルで戦った、という歴史(伝統)があるため、ブレイクダンスは一対一やチーム戦でのダンスバトル開催することもメジャーです。エントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズといったものがあります。踊る曲を選ばず、SOULやFUNK、JAZZやHIP HOP、HOUSE、ROCK、TECHNOのでも自由にダンスできます。

Rhythm Dance

Rhythm Dance|リズムダンス

これからダンスを始めてみたいというお子様には楽しいリズムダンスに挑戦してみませんか。テレビの前でいつも歌ったり踊ったりするのが大好きな男の子・女の子。お友達もたくさんできますよ。

詳細を見る

ダンスを習い始めたばかりのお子さまにとっては、いきなり音楽に合わせて踊るのは難しいかもしれません。まずは音に合わせてダンスしてみたり遊びを取り入れたりして「ダンスって楽しい!」と思ってもらえるようなレッスンをしています。ダンスを通じて自己表現が得意な子に成長してくれるのを願って、いつも工夫したレッスン内容を心がけています。